ざっくり知っておきたい!IoTとマーケティングの現在

network-782707_640

様々な「モノ」がインターネットに接続されることを可能にした「IoT」。一般的なニュースでは革新的な技術としてデバイス自体に注目されがちですが、IoTはマーケティングの分野に革命的な進化を促進したことをご存知でしょうか?

IoTが以前よりも普及したことによって、マーケティングは大きな変化を遂げたのです。

今回は、IoTを活用したマーケティングの「今」についてご紹介します。

そもそもIoTとは何なのか?

IoTとは「Internet of Things」の略称のことで、日本語にすると「モノのインターネット」という意味になります。今まではネットに接続されなかった「モノ」たちがネットにつながり、様々なデータをやり取りできるようになったのです。

家具・家電・車・スマホなどの種類やジャンルを超えた「モノ」たちがつながったため、今までになかったサービスが実現するようになりました。難しい設定は不要で誰でも利用ができ、中には気づかぬ間にネットに接続された「モノ」まで登場してきています。

なぜIoTでマーケティングが進化したのか?

IoTが台頭してきたとはいえ、一見マーケティングには関係のない技術だと思われがちです。どうしてIoTがマーケティングに進化をもたらしたのでしょうか?実はIoTによって取得できる「ビッグデータ」とよばれる情報が、マーケティングに大きな影響を与えています。

IoTによって今までは、到底入手することが不可能だった様々なデータを取得できるようになったのです。具体的には以下の通りです。

  • 社会的な活動データ(日々の環境から交通量や積雪量などのデータを抽出)
  • 人間の活動データ(ウェアラブルデバイスなどで発汗・心拍数・人の行動などのデータ抽出)

とくにマーケティングに活かされるビッグデータは「人間の活動データ」でしょう。リアルタイムで収集され続けた巨大なデータはインターネットにあるクラウドネットワーク上に管理・保存されます。そして保存された情報をネット上にいる人工知能が分析。膨大なデータからひとつの「結論」を導きだします。つまり人工知能が人間の行動を分析し、次に何をするのかを予測してくれるのです。

「AをすればBになる」という最適解を人工知能が教えてくれるといえば、わかりやすいでしょうか。不確定な要素と隣合わせのマーケティングの現場からすると、これ以上にほしいデータは存在しません。Bという結果にしたいなら、Aをすると間違いないのですから。

ビッグデータを活用して進化したマーケティング

IoTによって手に入れたビッグデータさえあれば、従来のように「どんな人がどんな広告を好み、どうアクションするだろうか」と予想する必要は一切ありません。間違いない「結果」として、傾向データが手に取るようにわかるからです。

データさえあれば、今までは苦戦していた販促マーケティングもお手の物。「本当に欲しい!」と思っている人だけにダイレクトにアピールできるようになったため、見込み客を捕まえる力も漠然をマーケティングしていた頃と比較すると、強固なものとなりました。

顕著な例はインターネット広告です。ビッグデータを活用すれば、ピンポイントにターゲットを決めた広告をうつことができます。「グーグルアドセンス」などの大手インターネット広告はすでにこの技術を活用しているため、広告を出稿したクライアントに無駄な広告費用を負担させなくていいようになりました。

昔のようにむやみやたらにバナー広告を入れる時代は、IoTによって終焉を迎えたと言っても過言ではありません。

IoTにおける個人情報の取り扱い問題

IoTの普及によって少しずつ議題にあがっているのが、個人情報の取り扱いです。IoTによって取得・分析されるデータは、いわば「プライバシーな情報」です。自分の趣味嗜好がネットに完璧に理解されているのは気分が悪いもの。自分がネットによって常に監視されているような感覚に陥ることもあるでしょう。実際にIoTによって知らぬうちにデータを収集され、活用されるのはプライバシーの侵害だと訴える人は段々と多くなってきています。

収集されるデータは、消費者にとっても有益なものでなければなりません。データを収集している企業もプライバシーを侵害するつもりなんてさらさらなく、すべては消費者のために行っているもの。しかし、それを理解してくれる人は少ないのが現状です。

今後IoTのデータ収集および利用はさらに加速していくことでしょう。それに伴って増えてくるクレームにどう対処するのか、現時点では明確になっていません。

まとめ

以上、現時点でのIoTを活用したマーケティングの実情について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?すでにIoTは加速度的に人々の生活に溶け込みつつあります。今後もIoTによって手に入るビッグデータで、マーケティングはさらに効率よく精度が高くなることでしょう。

しかしプライバシーの問題などもまだまだ解決できてないのも事実。今後IoTをつかったマーケティングは、どのような発展をみせるのでしょうか。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。