ドルー・エリック・ホイットマンの「現代広告の心理技術101」読了後レビュー

現代広告の心理技術101_1

今回は、ドルー・エリック・ホイットマン「現代広告の心理技術101」を紹介します。

帯に「消費者はどういう心理からレスポンスするのか」というフレーズがありますが、人を惹きつける広告とはどのようなものかを、同じくわかりやすい事例とともに紹介されていますので、大変参考になります。

  • ビジネスマネージャー
  • ビジネスプランナー
  • マーケター
  • WebメディアやECサイトの担当者
  • その他広告ビジネスに関わる全ての人

におススメです。

著者のドルー・エリック・ホイットマンについて

Whitman

ドルー・エリック・ホイットマンは、セールスの背後にある心理学を教えることを専門とする、広告とセールスの世界では有名なトレーナーかつコンサル タントです。小さな小売業からアメリカの名だたる大企業まで、あらゆる種類の広告を生み出し、効果を挙げています。それまでに、アメリカ自動車協会、広告 業協会、アメリカ在郷軍人会、Amoco、ファーバーカステル、テキサコなどの広告を手掛けています。今でも広告代理店の直販広告部門で活躍中です。

11歳からダイレクト・レスポンス広告による販売を始めて以来、一貫して直販広告に関するビジネスに携わり、実証された彼の手法は全世界多くのセールスマンが参考にしています。

『現代広告の心理技術101』の内容を少しだけ紹介!

本書では、以下の3つについて学ぶことが出来ます。

  • 人が何を求めているか
  • 人は自分の求めているものをどう思っているのか
  • なぜ人はそういう行動をとるのか

上記を踏まえて、人間の真理に基づいた実践証明済みのテクニックが101個紹介されています。今回はそのなかから2つほど紹介します。

ダメなセールスパーソンが必ずいうセリフ……………158

現代広告の心理技術101_2

著者は、自身のセミナーで必ずと言っていいほど、「絶対に許せないセールスマンの話」をします。次のようなセリフをいうセールスマンです。

「買うかどうかご判断ください。今すぐ決める必要はありません。お客様が買いたいときは、まだ在庫があるはずですから」

これは何が問題なのか?今すぐ行動する必要はないと告げ、今すぐに買ってもらうための刺激を見込み客に与えていないことです。

これは「人間は基本的に怠け者だ」という真理を理解していない証拠です。

広告主はいますぐ行動させなければならないのです。待ったり、考えたり後回しにしてもらっては困るのです。

大切なのは、製品を提示したときに見込み客に行動を起こしてもらうことです。

そのために締め切りを設け、希少性を感じてもらう必要があります。

広告を知らない人が言う決まり文句……………266

現代広告の心理技術101_3

コピーは長い方が効果があるか、それとも短い方がいいのか、「長いコピーVS短いコピー」論はずいぶん昔からコピー業界で議論されてきたテーマです。

実際のところ、現実世界で一世紀近く続いたテストでは、もはや議論の余地が全くないことを示しています。にも関わらず、知識の乏しい一部の人々はそのように考えていません。

ディヴィット・オグルヴィはこのような言葉を残しています。「ダイレクト・レスポンス広告業界の人たちは、短いコピーであまり売れないことを知っている。長いコピーの方が売れ行きが良かった」。

逆に広告についてほとんど知らない人はこういいます。「あーあ、コピーは短いに限る。長いコピーは誰も読まない。今の人は昔と違って忙しいんだ。上手に短く書かなくちゃ」

本書によるとこれは全く違うそうです。本当にその商品を買おうと思っている人がいて、その広告コピーがよくできている場合、人は信じられないほど広告をよく読みます。これは、何百何千とダイレクト・レスポンス広告業界で実証された結果です。

「長すぎるコピーというものはない。退屈なコピーがあるだけだ。」

『現代広告の心理技術101』のレビュー

良いレビュー

読むほどに奥が深い!, 2015/7/4 By 加藤
興味をさほど感じないタイトルでも目次と見出しに目を通すとついつい惹きつけられてしまいます。恐らく自分の過去の経験に引っかかる体験や疑問な点がある からなのでしょう!読むほどに解釈、理解度が違ってきます。まったく気にも留めていなかった箇所が面白く感じたりして今までとは一味違うビジネス書に出会 いました。
実践的かつ読みやすい, 2015/5/16 By 古賀
オススメ:
スグに取り組む事が出来る便利な一冊。
自社ポスター・HP・掲示物・
プレゼン資料など
ダメな所だらけと反省出来ます。弱い点:
特になし。どんな人に役立つか:
会社のトップ・営業マン・
CM、ポスターを制作する方これ1冊あれば充分だと思います。
これをブログにも活用していきます, 2015/2/24By 澤村
この本を読んで、人の心理に基づいた広告について学ぶことができました。私も広告に関係した仕事をしているので、
これをさらに読み込んで実践していこうと思います。読んでとても印象に残ったことは、60%の人は最初の行しか読まないということ。これを知った上で、ヘッドラインをいかに強烈でお客さんの目にとまるようにするか意識しようと思いました。実際にマーケティングや営業に携わっていない人も、読んでみたら広告の魅力に気づくと思います

>>その他のレビューへ

最後に

この本は書店に置いていないのにも関わらず、既に日本国内だけでも1万部を売っており、多くのビジネスマンがこの本のエッセンスを自分の業務に取り入れて成果を挙げています。

また、万が一この本に満足いかない場合でも、90日以内であれば返金保証がついているので安心です。

是非、手にとって読んでみてはいかがでしょうか?

↓↓「現代広告の心理技術101」で消費者心理を学ぶ↓↓

111

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。